読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「動物虐待はダメ」という偽善者たち

blog.livedoor.jp

b.hatena.ne.jp

 

「貧乏人は、十分なケアをすることができず動物のためにならないので、ペットを飼ってはいけない」という意見。

元記事のコメントやブコメを見ていると、どうも正論だと賛同する人が多数派のようで、すごく違和感を覚えました。

いえ、別に賛成意見がたくさん寄せられること自体はいいんです。

ただ、いつもネットで支持されている「とある定番のロジック」と明らかに矛盾する主張が同じネット上で普通に大勢を占めていることを、とても不思議に感じたということです。

皆さんも、今までに目にしたことがありませんか?

「動物愛護を訴えるベジタリアンは偽善者だ」という主張。

ネットの人たちって「動物の命を奪って食べるなんて可哀想」と言うと、それは偽善だとか、植物だって生きているのにとか言って、一斉にツッコんできますよね。

でも、その論法、今回のケースでそっくりそのままお返しできると思うんです。

「動物を虐待(ネグレクト)するなんて可哀想」 → 「それは偽善です」

ぶっちゃけた話、人間社会において「動物」ってのは、基本「モノ」扱いの存在です。

個人が金を出して所有権を得たペットに対して、殴る蹴るの暴行を加えようが、ネグレクトで衰弱死させようが、それは個人の自由でしょう。

あらかじめ注意喚起しておきますが、日本には、動物愛護法という法律があって、動物に殴る蹴るの暴行を加えたり衰弱死させたりすると犯罪に問われる可能性があります。

私は法治国家の一員として、法律の遵守はとても重要な事柄だと考えていますから、たとえ悪法であってもそれを犯すことを推奨するつもりは毛頭ありません。

ただ、法規範は置くとして、飼い主がペットをどのように扱うかについては、本来、個人の自由であって他人が口出しすべき問題ではないと思うのです。

動物愛護のベジタリアンに関する議論の中でよく出てくる意見のひとつに「ベジタリアンになるのは勝手。だが他人にまで自分のポリシーを押し付けるな」というものがあります。

これも、再び今回のケースに流用してみましょう。

「動物虐待をしないのは勝手。だが他人にまでそれを押し付けるな」

どうでしょう? ここまで言えれば、ベジタリアンに対する主張との整合性が取れていると思いませんか?

 

そもそも、一方で食べるために動物を殺すことは認めておきながら、他方で虐待はダメだというのは、理屈に合わない主張です。

これらはどちらも人間のエゴのために動物を犠牲にしているという点で、まったく同質の行為です。

「食べる」 → 「人間の肉体的な欲求を満たすための行為」

「虐待する」 → 「人間の精神的な欲求を満たすための行為」

さらに言うならば、

「ペットにする」 → 「人間の精神的な欲求を満たすための行為」

です。

そして、いずれの場合も、人間の勝手な都合で動物は犠牲になっています。

ペットは動物を犠牲にしていないと思っている人。

野生動物が勝手に軒先に巣を作ったのでもない限り、少なくともキッカケにおいて動物は強制的にペットにさせられているのです。

拉致監禁のうえ洗脳した相手を後からどれほど高待遇で饗したところで、相手の自由を侵害していることに変わりはありません。

 

私は別に「動物虐待を解禁にしろ」と主張するつもりはありません。

個人的には、動物愛護法は個人の権利を不当に侵害している悪法であると考えていますが、大多数の人間の感情が動物虐待への法による抑制を支持している以上、これを速やかに撤廃することは難しいであろうと諦めているというのが正直なところです。

動物愛護法がある限り「動物を虐待することに至上の快感を覚えるマイノリティ」の権利は明らかに侵害されている訳ですが、LGBTなどへの配慮がようやく浸透し始めてきたばかりの人類にそこまでの要求をするのは、さすがに性急なのかも知れません。

(幸いにして、私は動物が悶え苦しんでいる姿よりも、ノビノビと遊び回っている姿の方が好きなので、上記マイノリティには申し訳ありませんが、この件に関して他人事以上のスタンスでコミットメントする意欲はありません)

ただ、「食べる」のはいいけれど「虐待」はダメだという人は、その主張が矛盾を孕んでいるものだということと、他人の権利を制約するものだということについては、できれば自覚的であって欲しいと思うのです。